カテゴリー:CINEMA

  • cinemaartonline-logo

    第28回東京国際映画祭出品作品のレビュー

    東京国際映画祭の取材を続けてもうすぐ10年になります。今回(第28回)から、映画サイト「Cinema Art Online」の専属ライターとして取材イベントや映画レビューを書いています。仲野マリの担当ページはこちらから。…
    • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • aozora

    特集:戦後70年。相次ぐリバイバル映画に寄せて

    またあの暑い夏の日がめぐってきます。 終戦の日がお盆であることは、日本にとってこれほど象徴的なことはないでしょう。 何よりも、死者の無念に思いを致し、一心に弔う日であります。 戦後70年の今年、「日本のいちばん長い日」や…
    • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 躍る能楽師メイン

    アフタートークもすごい!「躍る能楽師~津村禮次郎の肖像」

    先日オススメ!と書いた「躍る能楽師~津村禮次郎の肖像」を見てきました! 三宅流(みやけ・ながる)監督ともお話しができましたが、 300時間は撮影したというその中から抽出した選りすぐりの2時間を、ぜひ堪能してく…
    • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 躍る旅人

    オススメ映画はこれ!「躍る旅人」

    津村禮次郎という能楽師をご存知ですか? 70歳を超えてなお、アグレッシブに新たな表現を求め、 異なるジャンルや文化とコラボしてチャレンジを重ねています。 私が彼に魂射抜かれたのは、昨年2月に観た「ARC…
    • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 斜陽館(縦)

    「桜桃忌」記念! 太宰治レビューBest10

    「好きな作家は誰ですか?」と聞かれたら、 プルースト、ユーゴー、そして、太宰治、かな。 6月は太宰治が生まれ、そして逝った月です。 右サイドに、太宰の作品について書いたレビューを並べました。 気になる作品…
    • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • TIFF

    「ハンガーゲーム FINAL レジスタンス」

    「二匹目のどじょう」を狙ってシリーズ化される映画は後を絶たないが、 1作、2作とも連続して大ヒットする映画はなかなかない。 すでに「ハンガーゲーム」は近未来のジャンヌ・ダルクとなった カットニスの一代大河ドラマとな…
    • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 斜陽館(縦)

    「ヴィヨンの妻」@シネマナビ342

    ダメンズを愛した女の生きる道監督:根岸吉太郎 販売元:ポニー・キャニオンストーリー●戦後の東京。 大谷(浅野忠信)は著名な小説家だが酒ぐせ女ぐせが悪く、 妻と息子の待つ家には寄りつかない。 懇意の居酒屋で大金を盗…
    • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 斜陽館(縦)

    映画「人間失格」@シネマナビ342

    文体を具現化する映像の力 監督:荒戸源次郎 配給:角川映画 ストーリー●津軽の裕福な家に生まれ、貴族議員を父に持つ大庭葉蔵(生田斗真)。 平凡な家族愛に恵まれなかった孤独な少年時代は、 はにかみ屋の横顔…
    • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 斜陽館(縦)

    「ヴィヨンの妻」原作と映画

    「ヴィヨンの妻」遅ればせながら、観てまいりました。 映画としての出来は置いておいて、 太宰作品の映画化として、どうだったのか。 ここでは、 原作小説との比較という形で、私の考えを書いていきます。 酒は飲む、…
    • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 斜陽館(縦)

    小説「パンドラの匣」①

    3ヶ月間、「河北新聞」をとり続け、 復刻新聞小説としての「パンドラの匣」を楽しんできました。 そのいきさつはこちら。 正直言って、高校生のころ読んだ記憶はもはやまったく残っておらず、 今年太宰治の生誕10…
    • このエントリーをはてなブックマークに追加
ページ上部へ戻る