カテゴリー:BOOK & ART

  • 和多都美神社

    ドラマチック古事記!の記事まとめ

    ホームの「おすすめ記事」のジャンルを「音楽」から「古事記」に衣替えしました。 エンタメのルーツの一つとして、古事記を読み直すシリーズです。 原文にあたりつつも、わかりやすく意訳していますので、ぜひお立ち寄りください。 「…
    • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • aozora

    特集:戦後70年。相次ぐリバイバル映画に寄せて

    またあの暑い夏の日がめぐってきます。 終戦の日がお盆であることは、日本にとってこれほど象徴的なことはないでしょう。 何よりも、死者の無念に思いを致し、一心に弔う日であります。 戦後70年の今年、「日本のいちばん長い日」や…
    • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 斜陽館(縦)

    「桜桃忌」記念! 太宰治レビューBest10

    「好きな作家は誰ですか?」と聞かれたら、 プルースト、ユーゴー、そして、太宰治、かな。 6月は太宰治が生まれ、そして逝った月です。 右サイドに、太宰の作品について書いたレビューを並べました。 気になる作品…
    • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 斜陽館(縦)

    映画「人間失格」@シネマナビ342

    文体を具現化する映像の力 監督:荒戸源次郎 配給:角川映画 ストーリー●津軽の裕福な家に生まれ、貴族議員を父に持つ大庭葉蔵(生田斗真)。 平凡な家族愛に恵まれなかった孤独な少年時代は、 はにかみ屋の横顔…
    • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 斜陽館(縦)

    「ヴィヨンの妻」と「カーネーション」

    一流旅館の1人娘にして女将となった奈津が、 戦時中に大きくなった借金を返せず 病気の母親を抱えて夜逃げをし、姿を消す。 その後空襲の日に出会った男と一緒になって 戦後はいわゆるパンパンとなっていたところを、 闇…
    • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 斜陽館(縦)

    「ヴィヨンの妻」原作と映画

    「ヴィヨンの妻」遅ればせながら、観てまいりました。 映画としての出来は置いておいて、 太宰作品の映画化として、どうだったのか。 ここでは、 原作小説との比較という形で、私の考えを書いていきます。 酒は飲む、…
    • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 斜陽館(縦)

    小説「パンドラの匣」①

    3ヶ月間、「河北新聞」をとり続け、 復刻新聞小説としての「パンドラの匣」を楽しんできました。 そのいきさつはこちら。 正直言って、高校生のころ読んだ記憶はもはやまったく残っておらず、 今年太宰治の生誕10…
    • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 斜陽館(縦)

    「パンドラの匣」②

    河北新聞をとるようになって、はや1カ月。 復刻連載されている太宰治の「パンドラの匣」も、 そろそろ中盤である。 毎日少しずつ読む太宰は、 これといって大きな事件も起こるはずのない そしてどうしたって発展性の…
    • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 斜陽館(縦)

    桜桃忌及び生誕100年に寄す

    100年前の今日、1909年(明治42年)6月19日、 小説家・太宰治は生れました。 そして1948年(昭和23年)の同じ日に、 太宰治は玉川上水の土手で心中水死体として発見されます。 死後数日経ってのことでした…
    • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 斜陽館(縦)

    小説「斜陽」

    朝日新聞が、この4月から「百年読書会」というのを始めました。 月に1冊、課題図書を決め、 紙面で感想を言い合おうというものです。 第一回は、太宰治の「斜陽」。 4月12日の紙面に、感想のまとめが載っています。(来…
    • このエントリーをはてなブックマークに追加
ページ上部へ戻る