アーカイブ:2007年 11月

  • 斜陽館(縦)

    わが心の太宰治

    私が最初に出会った太宰は初期の短編集「晩年」だ。 秋になっても生き続ける蚊を「哀れ蚊」といって慈しむ祖母と少年との どこかなまめかしいやりとりとか、 最初はこちらが憐れみをかけてやっていた男との関係が、 いつの間…
    • このエントリーをはてなブックマークに追加
ページ上部へ戻る